「日本に住む人や世帯」について知ることで、生活環境の改善や防災計画など、わたしたちの生活に欠かせない様々な施策に役立てられる大切な調査です。

国勢調査について

 国勢調査は、我が国に住んでいる全ての人を対象とする国の最も基本的な調査で、国内の人口や世帯の実態を明らかにするため、大正9年より行われています。今回の調査は21回目にあたり、実施100年の節目を迎えます。

 国勢調査の結果は、衆議院の小選挙区の区画規準、地方交付税の算定基準など、多くの法令でその利用が明記されています。

 また、国や地方公共団体における様々な施策の立案・推進に利用されるほか、学術、教育、民間など各方面で広く活用されますので、皆さまのご協力をお願いいたします。

調査の期日

 令和2年10月1日現在

調査の対象

 日本に住んでいる全ての人(外国人を含む)及び世帯

 ※統計法では、正確な統計を作成するために、調査に回答する義務(報告義務)が定められています。

調査事項

 世帯員に関する事項(15項目)

 「氏名」、「男女の別」、「出生の年月」、「世帯主との続き柄」、「配偶の関係」、「国籍」、「現在の住居における居住期間」、「5年前の住居の所在地」、「在学、卒業等教育の状況」、「就業状態」、「所属の事業所の名称及び事業の内容」、「従業上の地位」、「従業地又は通学地」、「従業地又は通学地までの交通手段」

 世帯に関する事項(4項目)

 「世帯の種類」、「世帯員の数」、「住居の種類」、「住宅の建て方」

調査の方法

 総務省統計局-都道府県-市町村-国勢調査指導員-国勢調査員-世帯の流れにより行います。

 総務大臣より任命された国勢調査員が、担当する地域の全ての世帯にインターネット回答用書類及び紙の調査票を同時配布し、インターネットでの回答を先行して受け付ける方法により行います。

 紙の調査票で回答する場合は、郵送による提出か調査員に直接提出するかを選択することができます。

 インターネット回答がとても便利です!

 インターネット回答は、期間中であればパソコンやスマートフォン等から24時間、いつでも好きな時間に回答することができます。

 インターネット回答中の信号は、全て暗号化されます。また、不正なアクセスなどの監視を24時間行っているため、安心して回答いただけます。

関連サイト

  国勢調査2020総合サイト

 上記画像をクリックすると特設サイト(総務省統計局)がご覧になれます。