厚生労働省では、子宮頸がんワクチン予防接種について、ワクチンとの因果関係は不明であるが、接種後に持続的な痛みを訴える重篤な副反応が報告されていることから、平成25年6月14日付で、副反応の発生頻度等がより明らかになり、適切な情報提供ができるまでの間、接種について積極的勧奨をしないこととしました。

現在、町では積極的勧奨は行っていませんが、接種を希望する方は、定期接種として受けることができます。

詳しくは、「厚生労働省ホームページ」をご確認ください。

病気の説明 

HPV(ヒトパピローマウイルス)は女性の子宮頸がん発生の原因となるウイルスです。HPVは性交渉によって誰でも感染する機会のある一般的なウイルスで、8割くらいの女性が一生のうちに1度は感染します。HPVに感染しても多くの場合、感染は一時的で、ウイルスは自然に排除されてしまいますが、ウイルスが排除されず感染した状態が長く続く事があり、ごく一部のケースで数年~十数年かけて前がん病変(がんになる前の異常な細胞)の状態を経て、子宮頸がんを発症します。ワクチンの中に入っているHPV16型と18型は最も一般的な発がん性タイプで、子宮頸がんの約70%にこのタイプが関連しています。

対象年齢

 小学校6年生~高校1年生に相当する年齢の女子

望ましい接種年齢

 中学校1年生に相当する期間

接種回数と間隔

 接種回数 3回

 ○ワクチンの種類によって、接種間隔が異なります。同一のワクチンを接種してください。

 ・サーバリックス(2価ワクチン)
   2回目:1回目接種から1ヵ月後

   3回目:1回目接種から6ヵ月後

  ・ガーダシル(4価ワクチン)
   2回目:1回目接種から2ヵ月後

   3回目:1回目接種から6ヵ月後

接種場所・受付時間など

 町内の指定医療機関や予防接種の日程などは、以下をご覧ください。

 ○令和3年度 南部町予防接種日程表(1).pdf

 ○令和3年度 南部町予防接種日程表(2).pdf

※町外の医療機関での接種を希望する場合は、その医療機関が予防接種に対応しているか(南部町の予診票を使用して無料で接種できる機関かどうか)確認する必要がありますので、必ず事前に健康こども課までご連絡ください。

接種時に必要なもの

 ・予防接種予診票、接種済証(南部町指定のもの)

 ・母子健康手帳

 ※接種を希望される方には、予診票を送付しますので、健康こども課までご連絡ください。

  連絡先:☎0178-60-7100

接種料金

 無 料

 ※ただし、対象年齢を過ぎてしまった場合は、全額自己負担での接種となります。