南部七唄七踊り全国大会の開催について

 新型コロナウイルス感染症の影響により、昨年中止となった「南部七唄七踊り全国大会」を、下記のとおり開催します。

なお、開催にあたり、新型コロナウイルス感染症対策を実施しての開催となりますので、あらかじめご了承下さい。

新型コロナウイルス感染症対策について

 開催当日は、観覧者の入場者数等を制限します。

 南部町内在住の方限定で、2名×50組(最大100名)までの入場とします。

 「南部七唄七踊り全国大会の新型コロナウイルス感染症対策について」

 ※申込方法等は、8月中旬に下記にてお知らせいたします。

 (1)町ホームページ

 (2)南部町内毎戸配布チラシ

唄と踊り自慢の芸人が受け継がれた伝統芸能を競う

南部手踊りは、名川地区が発祥の地であり、数百年以上も前から郷土に引き継がれた民舞踊です。

  • 南部甚句(なんぶ じんく)
  • 南部あいや節(なんぶ あいやぶし)
  • 南部よされ節(なんぶ よされぶし)
  • 南部馬方三下り(なんぶ うまかた さんさがり)
  • 南部追分(なんぶ おいわけ)
  • 南部荷方節(なんぶ にかたぶし)
  • 南部都々逸(なんぶ どどいつ)

の7つの踊りがあり、“南部七踊り”とも呼ばれています。

毎年9月には、唄と踊り自慢の芸人たちがのびやかな唄声と躍動感あふれる優美な手踊りを競います。

開催日時

令和3年9月26日(日曜日) 午前9時開始(午前8時30分開場)

 

会場 

南部町立町民ホール「楽楽ホール」

 

料金

無料

日程

午前

 七踊り 子どもの部・大人の部 予選

 

午後(12時50分~)

七 唄 小学生の部・中高生の部 決勝

七踊り 子どもの部・大人の部  決勝

出場者募集 

出場申込書 [104KB pdfファイル] 

開催要項 [320KB pdfファイル]